直木賞と芥川賞の二人の作家の文章を読んで

直木賞と芥川賞に決まった2人の作家の文章が心に響いてきた。
c0087532_1043295.jpg

京都新聞2015年1月23日朝刊に載っていた直木賞作家の西加奈子さんと芥川賞作家の小野正嗣の2人の文章が良かった。伝えたいことがはっきりとあり、それを文章や本という形で伝えることに希望を持っていて、それを実践している確かな手応がビシビシと伝わってきた。
西さんはデビュー2作目、「さくら」がベストセラーになった時に、何万部単位で増刷されていく本のゆくえが実感できずに恐怖を感じたという。その後書店回りをして書店員さんと会うことでその恐れが消えたという。
「私の本は化け物に呑み込まれてゆくのではない。こうやって本を愛してくれるひとりひとりの書店員さんの手から、ひとりひとりの顔のある、未来の読者に手渡されてゆくのだ。私はそのときはっきりと、自分の本が売れる、ということを理解した。それは血の通った、人間の行為だった。」
そしてインターネットで簡単に本が買える時代だけれども、「やはり本屋さんに行ってほしい。」とうったえる。一冊の本との出会いは、時に人生を変えることだってある、自分の世界が開かれていくことだ。

小野さんは大分県のリアス式海岸の小さな集落に育ったが、その郷里の風景が変わってきたこと郷愁をもって振り返りながらも、こう書く。
「山が削られ海岸や河岸が埋め立てられ、道路が整備された。しかし僕には「自然が破壊された」と無邪気に慨嘆する権利はない。バブル期に田舎の中高生だった僕は、まさにあの無際限に続くと思えた快適さと利便さの恩恵にあずかって成長したからだ。テクノロジーは全能性への幻視を生む。」
そんな生い立ちを背負った人間として、文学の営みを相対化しつつ自己の文学的信念を語る。
「小説を読むのは、「快適さ」とはほど遠いネガティブな暗いものを、フィクションというクッションの力を借りて受けとめることなのだ。
辱められ傷つけられながら、たとえ尊厳を回復できなくとも、それでも「人間」であることだけは手放すまいとする小説の人物たちの姿に触れて、揺り動かされ活性化された想像力は、僕たちの心を、まなざしを、必ずや自分の足元に向けさせる。そして僕たちは、自分の生きる土地に同じような物語があることに気づくのである。作家の書いたひとつの土地の物語が、読者一人一人の土地の物語と重なり、つながる。」

この2人の言葉に共通することは、出版というマッスなコミュニュケーションではあるけれども、作家が、読者ひとりひとり心の営みに目を向け、自分自身も一人の人間としての営みの本質のような部分に立ち帰ろうとしていることだ。

私も「時を重ねる家」と称して住宅を設計させてもらっているが、「時を重ねる」ということの意味について、あらためて思いを巡らせた。住む人だけでなく、素材や部品をつくったり売ったりする人、それを現場でつくる人、そしてデザインする自分、それぞれの時間がレイヤーのように多様に重なりながら、ひとつの住環境ができているのである。だからこそ、のっぺらぼうのいうなつるっとした捉えどころのないようなものや空間をつくってはならず、そこにいる人間、一人一人のなかに生起するその場所のイメージや居心地に思いを巡らせることが大切なのだと思います。
# by craftscience | 2015-01-23 10:58 | 本・映画・音楽

OZONEで1/17セミナーで講師をします

リビングデザインセンターOZONEで
2015年1月17日午後1時30分より家づくりセミナーを行います。
「建築家に聞こう!理想の家のつくり方 新築編」
と題して
「時を重ねるごとに魅力のます家
・・・本物の質感にこだわる、素材の温もりが心地よい家・・・・」
というテーマでお話しします。
詳しくはこちら。
http://www.ozone.co.jp/event_seminar/seminar/seminar_a/detail/1644.html
c0087532_1126490.jpg

# by craftscience | 2014-12-15 11:03 | セミナー・見学会

2014年12月6日、7日オープンハウス@大阪府茨木市

建築家・安井正(クラフトサイエンス)が設計監理してまいりました新築戸建て住宅がこのたび竣工をむかえ、建主様のご厚意により、オープンハウスを開催いたします。
c0087532_0533774.jpg

時:2014年12月6日(土)午後1時より午後5時まで
12月7日(日)午前11時から午後5時まで
ところ:大阪府茨木市宮元町(詳しい住所はご連絡いただき次第お知らせいたします。)
アクセス:阪急「茨木市」駅より徒歩5分

かつて城下町として栄えた茨木には、「うだつ壁」をもつ伝統的な町家が数多く残っています。そんな伝統建築をレスペクトした外観デザインは、この住宅の特徴のひとつです。ゆるやかな「むくり」をもつ瓦屋根、杉板貼りの茶と漆喰の白のコントラスト、軒裏に防火シャッターを組み込んだ木製建具の開口部など、伝統と現代をつなぐディテールを追求しました。
間口約6メートル、奥行き18メートルのうなぎの寝床の敷地ゆえ、前庭と坪庭をつくり通風採光を確保し、また御親族所有の隣地ガレージの屋上を活用した木製デッキテラスなどは都市型住宅を快適にする内と外をつなぐ手法です。
施工は羽根建築工房さん。TOTOのギャラリー間や金沢21世紀美術館で中村好文さんの「小屋」の施工も担当し、堀部安嗣さんや永田昌民さん設計の住宅も施工している関西の実力派工務店です。若い大工棟梁の井上さんは、オール手刻みによる構造と真壁造のデリケートな造作、奈良の吉野杉を存分に生かした本格的上質木造空間を見事につくりあげていただきました。
京都の井川建具、埼玉の「のびる」の古建具。ヴィンテージ照明器具は京都夷川通り「パラボラ」。「KIRAKARACHO」の京唐紙のふすまなど、古きよきものを新しい空間の中に溶け込ませるのはクラフトサイエンスの得意技です。「時を重ねる」ごとに味わいと愛着の増す家づくりを目指しました。
この機会にぜひ脚をお運びください。
# by craftscience | 2014-12-05 00:55 | セミナー・見学会

2014年12月6日、7日 オープンハウス@大阪府茨木市

c0087532_23463330.jpg

c0087532_23475132.jpg

「時を重ねる家7@茨木市」
大阪府茨木市の住宅が竣工を迎えます。建主様のご厚意によりオープンハウスを行います。茨城の町にはいまも古い街並みがそこここに残っています。周囲と調和するうだつ壁と瓦屋根を外観のデザインに活かし、内装には吉野杉をふんだんに使いました。オール手刻みによる構造、古建具やヴィンテージの照明器具などをもりこみ、古いものと新しいものとが共存する空間となりました。師走のご多忙中とは存じますが、ぜひ足をお運びいただけたらと存じます。(安井正)

 日時 2014年12月6日(土)13:00〜17:00、7日(日)11:00~17:00
 場所 大阪府茨木市
 交通 阪急「茨木市」駅より徒歩5分
 設計監理  クラフトサイエンス一級建築士事務所、安井正
 施工    (有)羽根建築工房

見学ご希望の方は下記までご連絡下さい。折り返し詳しい案内図をお送りいたします。
※ 氏名・連絡先(住所・電話番号)・参加人数 をお知らせください。
fax 050-3156-3769    E-mail info@craftscience.jp
# by craftscience | 2014-11-25 23:57 | セミナー・見学会

すみっこの居場所

c0087532_1854066.jpg

LDKの片隅にパソコンなどデスクワークができる場所をつくりました。
二方向に窓をとって隅っこに向かって座ったときに
視界がパノラマ状に広がる・・・。
という手法をよく使いますが、この家ではやや窓が高め。
座ったときに見上げる高さです。
これは家の外の道路がやや交通量の多い道路であるため
車や通行人が視界に入らないようにして、
かつ道路の向こう側の斜面の緑が見えるように・・・という配慮です。

c0087532_195861.jpg

ダイニングのすぐ脇にあります。
c0087532_1953443.jpg

キッチンとも比較的近いので
一人でこもって・・・というよりは家事の傍ら、
ちょっと座って調べ物、なんて使い方ですね。

屋根も低く下りてきていて小屋っぽいコーナーです。
# by craftscience | 2014-10-07 19:08 | 2012時を重ねる家5@八千代市

ライカ京都店に行ってきました。

c0087532_22405979.jpg


今日は現場打ち合わせの帰り道、いつもと違うルートで帰ろうと思いたち、祇園の花見小路を通って帰ってきました。木製格子の細やかなつくりに見入りながら花見小路を歩いていると、Leica赤いロゴがちょこんとプリントされた麻の暖簾が・・・。こんなところにLeica?と立ち止まると、どうもライカのショップとギャラリーになっている模様。
中に入ると、京町家が端正なモダーンデザインでリノベーションされた空間。二階がギャラリーになっており「アーネスト・サトウ」の写真展をしてたので見学。
昨年、俵屋旅館に行ったとき、アーネスト・サトウ・ルームの居心地のよさに惚れ惚れしたことを思いだし、あの部屋の主はこういう人だったのかと再認識。
特に、ギャラリーにおいてあった芸術新潮のアーネストサトウの特集が面白かった。アーネストに京都市立芸大の学生だったころ直に教わったという森村泰昌による編集がよい。かつて七条の知積院の裏あたりに京都市立芸大の今熊野キャンパスがあり、そこでアーネストと若き森村さんとが初邂逅したときの話などから、70年前後の京都の大学キャンパスの息吹きが伝わってきた。
芸術新潮1996年6月号
# by craftscience | 2014-09-11 23:12 | まちで見つけたもの

奈良で見た壁

c0087532_0522944.jpg

奈良の東大寺へ行くと必ず、二月堂へあがる道を歩きます。
そこの美しさにはいつも魅了されます。
c0087532_0531917.jpg

土壁の経年変化の妙。
# by craftscience | 2014-09-09 00:58 | まちで見つけたもの

京町家に英国製の壁紙

c0087532_047381.jpg

京町家のリノベーションでは、もともとあった構造体をできるだけ活かして素直にリノベーションすることを心がけています。もちろん柱や梁が傷んでいれば補修や補強はしたうえでなのですが、あまり奇をてらわずにリノベしたほうが、もともとの京町家の伝統によって培われた建築の知恵が活かされるように感じています。
c0087532_047242.jpg

とはいえ、ただの伝統的なものの再現では、やはり物足りなかったり、今の私たちの感性や生活文化に馴染まないところもあるように思います。
この京町家リノベでは、英国製の壁紙3種類使っています。
ひとつは2階の北向きの部屋で壁のひとつの面だけに立てストライプの壁紙を貼りました。
既存の構造体の水平垂直のラインと質感とあいまって、なかなか楽しくまとまりました。
微妙なゴールドラインが程よく光を反射して、単純でない深みのある味わいを醸し出していると思います。
# by craftscience | 2014-09-08 00:56 | 2012北白川の京町家リノベ

椅子座と床座のどちらでも

c0087532_055256.jpg

今秋の開業へ向けて準備中の京宿屋。
戦前に建てられた京町家をリノベーションして、一棟貸しの宿として営業します。
㈱ハチセさんのプロデュースでクラフトサイエンスが設計しました。
外国人の旅行者の方に多くご利用いただくことを想定し、
椅子に座り、テーブルについて食事ができるようなスペースを設けています。
伝統的な町家の雰囲気を大切に残しながら、
椅子座の文化が体に馴染んでいる方でもストレスなく滞在していただける空間を目指しました。
c0087532_061012.jpg

玄関の小上がり二畳の間は、大型のスーツケースを広げてのパッキングにも余裕のスペースです。
# by craftscience | 2014-09-07 00:20 | 2014開智ももはな庵

大工さんの道具箱

c0087532_16445.jpg

羽根建築工房の大工さんの道具箱。
美しいですね。
これだけののみを使いこなす大工さんも今の時代少ないよね。
# by craftscience | 2014-09-06 01:09 | 家づくり進行中