<   2014年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

京丹後・琴引浜で海水浴

c0087532_15455785.jpg

今年の夏休みは京丹後地方に行きました。
琴引浜で海水浴。
琴引浜は遠浅で、私たちが行ったときは波も静かで、人も少なく、のんびり泳げました。
シュノーケリングの水中メガネでみつ海の底の風景や生き物に、
子供といっしょに私も大興奮!
by craftscience | 2014-08-14 15:49 |

天井のデザイン

c0087532_2251872.jpg

天井のデザインというのはあんがい難しいと感じている。
よくやる手法は構造体を見せる天井。
梁や根太、垂木をあらわしとして仕上げると、空間が力強く引き締まった感じになる。
構造的に力を受けて、働いているものを私たちは無意識のうちに理解して、そこにある眼に見えない「力」を感知して、空間の質をとららえているのかもしれない。
いつも、そればかりでは面白くないし、法規的に内装制限などの関係で天井を張らなければならないこともある。そのとき、どういった材料で、どのように見せていくか、悩むことが多い。
この写真の事例では、和室として、品のよい落ち着きややわらかさを出したかったので天井を張ることにしていた。実施設計の初めのころは照明を中央にひとつだけで考えていたが、お琴のお稽古場としても使うことから、もっと照度を上げる必要性を感じて、対角線上にダウンライトを二つ設けることにした。
さて照明は決まった、でも天井のデザインとしてどうなのか疑問に感じ、2センチと1.5センチのラインを天井面に施すことにした。
これは装飾である。
二つのラインは幅だけでなく、厚みもわずかに違う。
照明を避けるように鍵方に折れ曲がったラインを作ったら、とたんに生き生きとした表情ができてきた。
ちょっと和風を逸脱して、大正時代あたりの近代建築を髣髴させる感じになった。
私としては、聴竹居などで知られる藤井厚二へのオマージュのつもり・・・という意識もあった。
by craftscience | 2014-08-04 23:09

住まいの設計2014年9月10月号に掲載

c0087532_12464387.jpg

住まいの設計2014年9月・10月号に「時を重ねる家3@杉並区」が掲載されました。
「いいね!木の家、自然素材の家」という特集で、「趣味で集めた古民具が懐かしさを醸し出す家」というタイトルで紹介されています。竣工して3年近く経った家で、建て主さんの暮らしも、この家に馴染んできているご様子。とくに以前から集められていた古道具、古民具などが家のそこ此処に飾られていて、生活を楽しんでいる雰囲気が紙面から伝わってきます。
隣地の幼稚園の園庭の緑を借景して、杉並区とは思えない自然環境を身近に感じられることと、
共働きで子育て中の建て主さんの家事動線、収納の工夫など、かなり綿密に打ち合わせを重ねて作り上げたことが思い起こされました。
by craftscience | 2014-08-02 18:12 | 掲載・出版