<   2014年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「溝の口の家」オープンハウスのご案内

c0087532_724190.jpg

神奈川県川崎市にて歩んできました「古いものを活かした家づくり」が
このたび竣工を迎えます。
お施主様のご厚意によりオープンハウスを行うこととなりましたので
ご案内申し上げます。

古材や古建具やビンテージ照明などを探し歩き、
個々ばらばらに存在していた「古いもの」たちが
一人の建主の目と身体感覚によって集結する。
そのプロセスをともに歩みながら建築家は
一体何をしてきたのか?

新築住宅でありながら、
古いものを随所に織り込んだ真壁造の木の空間は
私たち日本人のルーツへの訴求力を刺激してくれることでしょう。

実際に脚を運んでいただき、ご覧になっていただけたら幸いです。
(安井正)


 日時 2014年5月24日(土) 11:00〜18:00
 場所 神奈川県川崎市
 交通 東急田園都市線、・大井町線「溝の口」駅より徒歩10分
    JR 南武線「武蔵溝ノ口」駅より徒歩10分
 設計監理  クラフトサイエンス一級建築士事務所、安井正
 施工    (株)滝新

見学ご希望の方は下記までご連絡下さい。
折り返し詳しい案内図をお送りいたします。
※ 氏名・連絡先(住所・電話番号)・参加人数 をお知らせください。


fax 050-3156-3769
 E-mail info@craftscience.jp

c0087532_816969.jpg

c0087532_816336.jpg

by craftscience | 2014-05-16 07:38 | セミナー・見学会

古材を使った階段

c0087532_726433.jpg

c0087532_726441.jpg

建主さんと柳澤商店に古材を見に行った。そこに桜の曲がった板が2枚あった。1.8mほどの長さで厚みは4センチほど。結構な重量感と、存在感である。これに一目惚れした建主さん。なんとかこれを使いたいと。
そこで階段の登り始めの4段として活躍してもらうことにしました。
大工さんがものすごく頑張ってくれて、かなり魅力的な階段になりそう!
by craftscience | 2014-05-08 07:01

トータルバランスのいい家

c0087532_23164328.jpg

家づくりにおいて、心がけていることは何ですか?
とたずねられたとき、
「トータルバランスのいい家にすることです」と答えることが多い。
トータル・バランスのいい家とは、偏った価値をことさらに主張するような家ではなく、総合的、包括的な均整のとれた家だと思っています。

このイラストは北白川の京町家のリノベーションを設計したときにクライアントにプレゼンテーションしたときのものです。


そこにある四面体の頂点に置かれた四つの言葉についてもう少し説明が必要ですね。

家はまずもって「いのち、生活(life)」を支えるものでなければなりません。そのためには、家で日々行われる家事仕事(work)はもちろん、社会や他者とかかわりながらの仕事を滑らかに成し遂げられるような作業環境がもっと真摯に求められるべきだと思います。その実現のためには確かな技術(technology)や手仕事(craft)に立脚すること、重奏する歴史(history)に敬意をはらうことも不可欠で、それを表現していくことも大切なことだと考えています。
by craftscience | 2014-05-01 23:40 | プロフィール