<   2011年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

本屋さんを住宅に=リノベ×新築のプロジェクト

c0087532_1726079.jpg

既存建物の内部解体が始まりました。

千葉県八千代市で進んでいるこのプロジェクトは、
かつて本屋さんとして使われていた木造平屋建ての建物を
住宅として再生しようというもの。

再生といっても、ただのリノベとはわけが違う。

古い建物脇の、開いている土地を使って木造二階建てを新築し、
古い建物は大がかりに手を入れて
一部は居室、一部は中庭、一部は倉庫・・・といった具合に
新築とリノベを自由に絡ませながら住まいの空間をつくっていこうとする計画です。

詳細な設計はこれからなのですが、
まずは内部仕上げを一通り解体撤去して、
既存の構造体を現しにします。
もとは昭和49年の建物ゆえ、
傷み具合はどうか、各部の寸法はどうか
あら行く角度からチェックし
これからの設計に反映していきます。
by craftscience | 2011-10-21 17:42 | 2012時を重ねる家5@八千代市

道路の突き当りにある家

c0087532_13201113.jpg

杉並区に建つこの家は
道路がL型に曲がった角に建っています。
だからまっすぐに道が伸びた突き当りに、この建物が見えるわけです。

こういう立地の場合、道路とどういう関係をもたせるのか、
考えどころですね。

ここでは、たてもの全体があたかも「長屋門」のように道に対峙し、
その門を潜り抜けてアプローチする。
そんな構成を意識しています。

印象的な大きな窓を設けて、道の風景に貢献しようとしたり、
逆に内部から見た道の風景を、一枚の絵のように切り取る・・・。

c0087532_13193381.jpg

窓の内側は階段と小さな吹き抜けになっていて
手すりを兼ねた本棚がしつらえられています。
窓の外の気配は感じたい、でも室内が外から丸見えだと落ち着かない。
だから本棚の背板の隙間を適度に開けて、
透け感を出すようにしました。
by craftscience | 2011-10-20 13:21 | 2011時を重ねる家3@杉並区

ご近所の洋裁カフェ「柴洋」さん@京都東山松原通り

c0087532_15585959.jpg

先日、日ごろお世話になっている洋裁カフェ「柴洋」さんに
「カレーパーティーやるからどうぞー」とお声かけいただき行ってきました。
我が家秘蔵?のワイン持参で。
子供らも包丁を握らせてもらい調理に参加。
おいしいカレーもいただき、楽しいひと時を過ごしました。
c0087532_1615263.jpg


洋裁カフェってなんだ?と思われるかたも多いはず。
オーガニックな食材にこだわったお食事と
コーヒーなどを楽しめると同時に、
定期的に洋裁教室が開かれていて、
針と糸でヌイヌイしている人の傍らで、
別のお客さんがコーヒーを飲んで談笑している、
そんな風景が、とても居心地のよい場所です。

詳しくは「柴洋」さんのホームページをご覧ください。
http://sibayo.com/top.html
c0087532_1612817.jpg

京都市東山区松原通り、面白いお店や場所がたくさんあります。
これからも、このブログで、紹介していきますので、
みなさまお楽しみに。
by craftscience | 2011-10-12 16:05 | 京都のコト

 町内会対抗・大運動会

c0087532_459374.jpg

10月9日、日曜日。
気持ちの良い秋晴れのなか、
ひごろお世話になっている町内会長さんのお誘いもあって、
子供たちと町内会の運動会に参加してきました。

「京都の人間関係は閉鎖的で、よそから来た人は入りにくい」
ということをいう人がいますが、
そなんことはないと思います。
普通に誠意をもって関わっていこうとすれば、とても親切で、
子供のことなどもいろいろと気を使って面倒を見てくださいます。

確かに、東京と比べて、はるかに近所づきあいが「濃い」。
家の前の道を掃くときは隣の家の前まで掃くのは普通のコトだし、
「これ、もろうたから」と野菜などをおすそ分けしていただくこともしばしば。
昨夕も、うちの子が家の前で縄跳びの練習をしていたら、
通りすがりのおばちゃんが声をかけてきてくれて、
隣の奥さんも顔を出して立ち話に花が咲く。
そんな光景が日々、目の前で繰り広げられています。


さて、本題の運動会。
大勢の人たちが集まり、大人も子供も本気で楽しんでいました。
プログラムをみると一日で24種目と盛りだくさん。
大玉ころがし、綱引き、ムカデ競争、紅白玉入れ、障害物競争など、
ものすごいベタではあるけれども、懐かしい運動会の大道が並びます。
c0087532_5462185.jpg

わが町内「小松町二部中」は残念ながら成績は振るいませんでしたが、
かつては玉入れで逆転勝利したこともあることを町内会長さんから聞きました。
c0087532_5535063.jpg


京都の地域コミュニティーは小学校の学区単位での力が強い、
という話を聞いたことがありますが
この運動会も旧新道(しんみち)小学校の学区内の集まりです。
ご準備にあたった自治会のみなさんのご尽力は相当なものがあると思いますが、
昔ながらのやり方を大切にして、
人と人とのつながりを大事にしていこうという思いが
この町の人々のなかに生きているのでしょう。
こんなところからも京都の街の底力を感じた一日でした。
c0087532_611731.jpg

by CRAFTSCIENCE | 2011-10-10 06:11 | 京都のコト

京都で見つけたいい感じの商店街

c0087532_175931.jpg

自転車で京都の街を走っていると、
「おっ!」と思わず急ブレーキで止まり、
見入ってしまう建物、風景、空間にしょっちゅう出会います。

今日も、たまたま通りすがりに、
いい感じのアーケードの商店街を見つけ、思わずカメラでパチリ。

ここは京都市中京区壬生(みぶ)の西新道商店街。
両側からマジックハンド状のせり出しアームが
テント地の庇をのばし
アーケード空間をつくっています。

この軽い感じがたまらなく素敵だと思いました。
by CRAFTSCIENCE | 2011-10-08 18:02 | 京都のコト

京都オフィスはこんな京町家です。

c0087532_6444837.jpg


クラフトサイエンスの京都オフィスを開設してから一月ほどが経ちました。
東京と京都を行き来しながらの仕事のスタイルにも少しづつ慣れてきました。

写真は我が家でもあり、仕事場でもある京町家。
この家で妻と二人の子供と生活し、仕事をしています。

ご近所の皆さんにも、とてもよくしていただき、
この地で活動している面白い人たちとのつながりもでき始めました。

これから、このブログでも京都のコトを、
身近なところから発信していきたいと思っています。
by CRAFTSCIENCE | 2011-10-06 07:04 | 京都のコト

安井正 プロフィール

●主な経歴
1968年 神奈川県生まれ
1991年 早稲田大学理工学部機械工学科卒業後、建築学科に学士入学
1994年 早稲田大学理工学部建築工学科卒業
       石山修武先生の研究室で卒論指導をうける。
       卒業論文「バックミンスター・フラーの研究」
1994年~1996年 自然エネルギー利用の設備設計家・葉山成三氏の会社・日本サーマルに就職、
       テーテンス事務所にも出向し、主に冷暖房空調設備の設計・施工・メンテナンスの業務を経験。
1996年~1998年 早稲田大学大学院修士課程に入学、石山修武研究室に在籍。
       「松島さかな市場」の実施設計と現場監理を担当。
1998年 クラフトサイエンス設立。

●著書・主な雑誌掲載
共著書「住宅作家になるためのノート」(2008年、彰国社)
「最高の外構をデザインする」(2009年、エクスナレッジ)
訳書「建築のABC」(ジェイムズ・F・オゴーマン著、白揚社)
「時を重ねる家」(My Home+、2011年冬号、エクスナレッジ)
「時を重ねる家」(HOME Portait VOL.3、住まいの設計別冊、扶桑社)
「ケネディ邸」(住まいの設計2009年8月号、扶桑社)
「ケネディ邸」(チルチンびと2011年春号、風土社)
「沙羅の樹文庫」(新しい住まいの設計2007年12月号)
「55人の建築家ファイル」(モダンリビング創刊55周年記念号)
「カフェ・スイート」(チルチンびと2003年春号)

●その他建築に関する活動
NPO法人家づくりの会理事
我孫子市景観アドバイザー
日本建築学会正会員
by craftscience | 2011-10-01 23:59 | プロフィール