カテゴリ:京都のコト( 19 )

八坂神社の「おけら詣り」

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

この年末年始は京都で過ごす初めてのお正月。
いろいろと新鮮な体験をしています。

大晦日はご近所の洋裁カフェの柴洋さんにお誘いいただき、
鍋パーティをしながら過ごしました。
途中、みなで近くの八坂神社に「おけら詣り」に行ってきました。
c0087532_11582621.jpg


「おけら詣り」は、大晦日の夜から元旦の明け方にかけて行われます。
護摩木を炊いた灯篭の火から、参拝者が購入した縄に火を移し、
その火を消えないようにクルクルッと手元でまわしながら持ち帰ります。
その火で元旦のお雑煮を炊いたり、神棚の灯火につけたりして、
邪気を払って、吉祥、息災を願うというものです。
c0087532_11593321.jpg

「おけら」とは薬草のひとつで、お屠蘇の中にも含まれていて、
胃を丈夫にしたり、邪気をはらうのだそう。
火をもらう灯篭の火種として使われているそうです。
また、「おけら」は息災を意味する「オキャラ」という梵語に由来するという人も居ます。
c0087532_1253188.jpg


僕らが行った時間は8時過ぎでしたが、結構な人出で賑わっていました。
これが紅白が終わるころ11時過ぎには大混雑でギュウギュウになるそう。
その中を火のついた縄をクルックルッとまわしながら大勢の人が行き交うのですから
かなりスリリングな光景が繰り広げられるのではないかと思いました。
晴れ着やダウンジャケットに穴が空くようなこともそこらじゅうで起きるのではないかと思いますが、
それをものともせずにお正月の風物詩として楽しめる文化はすばらしいなと思いました。
家の近く、人ごみを離れて、暗い夜道でおけら火が、丸い光の奇跡を描くのはとても美しく、
とてもいいものだなと思いました。大切にしたいですね。
c0087532_12155262.jpg

我が家の台所のガスレンジに、持ち帰った火縄で着火!
翌朝のお雑煮用のおだしを煮出しました。
by craftscience | 2012-01-03 12:17 | 京都のコト

晩秋の西日で光り輝くものたち

c0087532_16202326.jpg

今日の午後4時ごろ、晩秋の西日と澄んだ空気が
家のあちこちに瞬間の美を生み出してくれました。
向かいの空き地の先にあるお寺の、
さらに向こうにあるビルの白い壁に反射した西日が
我が家の二畳の間にある唐長の襖紙を照らしていました。
正倉院文様の鳥さんが命を得たようです。
c0087532_1630238.jpg

古建具の桟とスリガラス。
c0087532_16302963.jpg

古い型板ガラス。
by craftscience | 2011-12-04 16:37 | 京都のコト

スノーマン家族でクリスマスのしつらえ

c0087532_23284135.jpg

クラフトサイエンス京都オフィスに併設のショップ「Routes*Roots」。
12月に入ったので、ちょっとクリスマスを意識した飾り付けをしました。
といっても、鏡の前に手持ちのスノーマンのファミリーを並べただけですが・・。
c0087532_2329512.jpg

でもなかなかかわいいでしょ。
by craftscience | 2011-12-02 23:30 | 京都のコト

家の前の空き地に月が上る

c0087532_22234528.jpg

わが家の前の空き地に月がのぼる。
昨日の夕刻の風景。

今日から東京なので、この風景ともしばしさよなら。

ちなみに擁壁の向こうは六道珍皇寺(ろくどうちんのうじ)というお寺で、
平安時代の官人で詩人であった小野篁(おののたかむら)が夜な夜なあの世に通ったという伝説の井戸があります。
by craftscience | 2011-11-09 22:25 | 京都のコト

京都オフィスに併設のショップ、オープンしました

c0087532_18141190.jpg

クラフトサイエンスの京都オフィスのは築70年もの京町家をリノベーションした建物。
道路から入ると、小さな土間と二畳の和室があります。

この空間をつかって
私の妻「安井くまの」が、Routes*Rootsという名のショップを11月3日にオープンしました。
アルネの大橋歩さんデザインの「a.」(エー・ドット)の服を扱わせていただいている他、
妻のコレクションしたヴィンテージ・ウェアや日用雑貨などを販売していきます。
詳しくはホームページブログをご覧ください。

http://www.routes-roots.com/

http://r2rkyoto.exblog.jp/

c0087532_18284699.jpg


これからはクラフトサイエンスとRoutes*Rootsの両輪で
自分らしい暮らしづくりのお手伝いをさせていただきたいと思っています。
by craftscience | 2011-11-08 18:50 | 京都のコト

ご近所の洋裁カフェ「柴洋」さん@京都東山松原通り

c0087532_15585959.jpg

先日、日ごろお世話になっている洋裁カフェ「柴洋」さんに
「カレーパーティーやるからどうぞー」とお声かけいただき行ってきました。
我が家秘蔵?のワイン持参で。
子供らも包丁を握らせてもらい調理に参加。
おいしいカレーもいただき、楽しいひと時を過ごしました。
c0087532_1615263.jpg


洋裁カフェってなんだ?と思われるかたも多いはず。
オーガニックな食材にこだわったお食事と
コーヒーなどを楽しめると同時に、
定期的に洋裁教室が開かれていて、
針と糸でヌイヌイしている人の傍らで、
別のお客さんがコーヒーを飲んで談笑している、
そんな風景が、とても居心地のよい場所です。

詳しくは「柴洋」さんのホームページをご覧ください。
http://sibayo.com/top.html
c0087532_1612817.jpg

京都市東山区松原通り、面白いお店や場所がたくさんあります。
これからも、このブログで、紹介していきますので、
みなさまお楽しみに。
by craftscience | 2011-10-12 16:05 | 京都のコト

 町内会対抗・大運動会

c0087532_459374.jpg

10月9日、日曜日。
気持ちの良い秋晴れのなか、
ひごろお世話になっている町内会長さんのお誘いもあって、
子供たちと町内会の運動会に参加してきました。

「京都の人間関係は閉鎖的で、よそから来た人は入りにくい」
ということをいう人がいますが、
そなんことはないと思います。
普通に誠意をもって関わっていこうとすれば、とても親切で、
子供のことなどもいろいろと気を使って面倒を見てくださいます。

確かに、東京と比べて、はるかに近所づきあいが「濃い」。
家の前の道を掃くときは隣の家の前まで掃くのは普通のコトだし、
「これ、もろうたから」と野菜などをおすそ分けしていただくこともしばしば。
昨夕も、うちの子が家の前で縄跳びの練習をしていたら、
通りすがりのおばちゃんが声をかけてきてくれて、
隣の奥さんも顔を出して立ち話に花が咲く。
そんな光景が日々、目の前で繰り広げられています。


さて、本題の運動会。
大勢の人たちが集まり、大人も子供も本気で楽しんでいました。
プログラムをみると一日で24種目と盛りだくさん。
大玉ころがし、綱引き、ムカデ競争、紅白玉入れ、障害物競争など、
ものすごいベタではあるけれども、懐かしい運動会の大道が並びます。
c0087532_5462185.jpg

わが町内「小松町二部中」は残念ながら成績は振るいませんでしたが、
かつては玉入れで逆転勝利したこともあることを町内会長さんから聞きました。
c0087532_5535063.jpg


京都の地域コミュニティーは小学校の学区単位での力が強い、
という話を聞いたことがありますが
この運動会も旧新道(しんみち)小学校の学区内の集まりです。
ご準備にあたった自治会のみなさんのご尽力は相当なものがあると思いますが、
昔ながらのやり方を大切にして、
人と人とのつながりを大事にしていこうという思いが
この町の人々のなかに生きているのでしょう。
こんなところからも京都の街の底力を感じた一日でした。
c0087532_611731.jpg

by CRAFTSCIENCE | 2011-10-10 06:11 | 京都のコト

京都で見つけたいい感じの商店街

c0087532_175931.jpg

自転車で京都の街を走っていると、
「おっ!」と思わず急ブレーキで止まり、
見入ってしまう建物、風景、空間にしょっちゅう出会います。

今日も、たまたま通りすがりに、
いい感じのアーケードの商店街を見つけ、思わずカメラでパチリ。

ここは京都市中京区壬生(みぶ)の西新道商店街。
両側からマジックハンド状のせり出しアームが
テント地の庇をのばし
アーケード空間をつくっています。

この軽い感じがたまらなく素敵だと思いました。
by CRAFTSCIENCE | 2011-10-08 18:02 | 京都のコト

京都オフィスはこんな京町家です。

c0087532_6444837.jpg


クラフトサイエンスの京都オフィスを開設してから一月ほどが経ちました。
東京と京都を行き来しながらの仕事のスタイルにも少しづつ慣れてきました。

写真は我が家でもあり、仕事場でもある京町家。
この家で妻と二人の子供と生活し、仕事をしています。

ご近所の皆さんにも、とてもよくしていただき、
この地で活動している面白い人たちとのつながりもでき始めました。

これから、このブログでも京都のコトを、
身近なところから発信していきたいと思っています。
by CRAFTSCIENCE | 2011-10-06 07:04 | 京都のコト