カテゴリ:立石まちづくり( 5 )

立石の特選路地、その4

特選路地の第四弾は
いよいよ夜の街へのいざないです。
名づけて「立石DEEP STREET」。
c0087532_10432859.jpg

立石の超有名店「鳥房」さんの脇から
「呑んべ横丁」の看板をくぐり、
鍵型に折れ曲がりながら
立石モツ焼き三大名店のひとつ「江戸っ子」さんへと至るこの路地。
c0087532_1048929.jpg


ここはモーお勧めの店がいっぱい!
「鳥房」「牛坊」「ゆう」「おでんや」「江戸安」「江戸っ子」
書いてるだけでそれぞれのお店のうまいもんがおもいだされて
胃がうずきます。
でも夜の街とはいっても、
早くしまってしまう店も多いのでご注意を。
by craftscience | 2008-08-13 10:48 | 立石まちづくり

立石の特選路地、その3

c0087532_4562782.jpg


「細い路地をぬけると、そこは空き地だった。」
下町の密集した街なかに
ぽっかり空いた、何に使われるでもなく放置されている土地。
しかし、よく見ると日常的な利用者がいる。

猫である。
春先のことであったが
土地の真ん中で実に気持ちよさそうに寝ていた。

この場所の気持ちよさは何によってもたらされているのかを考える。
細く、狭い空間からぱっと開けた空間へと至るメリハリの利いたシーケンスの体験。
日の当たる場所と日陰の涼しい場所との同時共存。
さらに開けた公園の空間への段階的な接続。
洗濯物が「人が住んでいる」ことの証となっていること・・・。

言葉にしてしまうとなんだか難しくてやっかいですね、
要は、自分の設計どこかで、この場所の居心地のよさを再現したいわけですね。
そのためのに分析的に考えてみる。
専門家だからね。

でも、猫はそんなことお構い無しに気持ちのよい場所でまどろむ。

立石駅南側メインアーケード東裏手の公園からバス通りへと抜ける路地。
by craftscience | 2008-08-07 05:19 | 立石まちづくり

立石の特選路地、その2

c0087532_785337.jpg

これだけの密度で緑が茂っている路地は
なかなかないでしょう。

どこからどこまでが誰の管理なのかよくわかりませんが
その曖昧さが魅力のひとつなのかも。

途中にある木製のテラスが、
なかなか生活感があってよいです。

立石駅西側踏み切り、鰹節屋さんの近くです。

地元の人に「あの道いいでしょ」といっても
案外、皆さん気がついていなくって
「えっ、どこのこと?」という反応。
緑の道は管理が大変なので、
いつ消えてなくなるとも限らない。
こういうところはスバラシイ!とほめて
その価値を表現することが、
まず一歩かな。
めぐり巡って良質な環境が持続することにつながれば・・・という思いあり。
by craftscience | 2008-08-05 07:08 | 立石まちづくり

立石の特選路地1


c0087532_2395933.jpg
立石の路地No.1は
私の中ではここ。
「スナック博多」前の路地です。
北口のスナック街にあります。
スナック博多のママさんが鉢植えを
とっても豊かに育てています。

本当によい住環境というのは住む人がつくりあげる、
お上から与えられモノでもなく、
専門家によって意をつくされたものが理想なのでもなく
あくまでも、そこで生きている人の営みが形となって表れたものこそ
最高に魅力的な環境になる。
その証がここだと思っています。

ちなみにスナック博多のママさんのつくる「すいとん」は絶品です。
ぜひ一度、ご賞味下さい。
c0087532_2372690.jpg

by craftscience | 2008-08-02 23:00 | 立石まちづくり

立石実測調査ボランティア募集

c0087532_22505940.jpg


安井の生活と仕事場のある街、葛飾区立石。

立石は昭和の記憶を色濃く残す下町らしい都市空間がいたるところに残っています。
しかし、京成立石駅の高架化と、それに伴う再開発の計画が持ち上がるなか
いつ、消滅するとも限らない状況です。

これからの葛飾立石のまちづくりを考える上でも、
また、昭和の庶民の生活と生業を支えた都市空間という歴史的文化財としても
この街の路地空間を実測調査し、
図面や関係者インタビューなどを記録としてのこし
かつ、近代的な都市計画とは異なった
オルタナティブなまちづくりの可能性を探る上でも、
実測調査を行います。

今回の調査は、安井正と「立石チョットどうする!?会」の発案による
まったくのボランティア事業です。
そこで、このプロジェクトに協力してくれる学生ボランティアを募集します。
学生でなくても、建築の実務をしている方も歓迎です。

9月21日(日)に実測調査を行い、
9月30日(火)の調査報告会までに各自CADにて作図
それを持ち寄って、現在の都市再開発手法の問題点を考え
これかの時代にふさわしいまちづくりのあり方を考察します。

今回の調査対象は「呑んべ横丁」を予定しています。
参加希望の方はクラフトサイエンス・安井までメールにて
ご連絡下さい。


c0087532_22512515.jpg

by craftscience | 2008-07-24 22:44 | 立石まちづくり