カテゴリ:本・映画・音楽( 6 )

直木賞と芥川賞の二人の作家の文章を読んで

直木賞と芥川賞に決まった2人の作家の文章が心に響いてきた。
c0087532_1043295.jpg

京都新聞2015年1月23日朝刊に載っていた直木賞作家の西加奈子さんと芥川賞作家の小野正嗣の2人の文章が良かった。伝えたいことがはっきりとあり、それを文章や本という形で伝えることに希望を持っていて、それを実践している確かな手応がビシビシと伝わってきた。
西さんはデビュー2作目、「さくら」がベストセラーになった時に、何万部単位で増刷されていく本のゆくえが実感できずに恐怖を感じたという。その後書店回りをして書店員さんと会うことでその恐れが消えたという。
「私の本は化け物に呑み込まれてゆくのではない。こうやって本を愛してくれるひとりひとりの書店員さんの手から、ひとりひとりの顔のある、未来の読者に手渡されてゆくのだ。私はそのときはっきりと、自分の本が売れる、ということを理解した。それは血の通った、人間の行為だった。」
そしてインターネットで簡単に本が買える時代だけれども、「やはり本屋さんに行ってほしい。」とうったえる。一冊の本との出会いは、時に人生を変えることだってある、自分の世界が開かれていくことだ。

小野さんは大分県のリアス式海岸の小さな集落に育ったが、その郷里の風景が変わってきたこと郷愁をもって振り返りながらも、こう書く。
「山が削られ海岸や河岸が埋め立てられ、道路が整備された。しかし僕には「自然が破壊された」と無邪気に慨嘆する権利はない。バブル期に田舎の中高生だった僕は、まさにあの無際限に続くと思えた快適さと利便さの恩恵にあずかって成長したからだ。テクノロジーは全能性への幻視を生む。」
そんな生い立ちを背負った人間として、文学の営みを相対化しつつ自己の文学的信念を語る。
「小説を読むのは、「快適さ」とはほど遠いネガティブな暗いものを、フィクションというクッションの力を借りて受けとめることなのだ。
辱められ傷つけられながら、たとえ尊厳を回復できなくとも、それでも「人間」であることだけは手放すまいとする小説の人物たちの姿に触れて、揺り動かされ活性化された想像力は、僕たちの心を、まなざしを、必ずや自分の足元に向けさせる。そして僕たちは、自分の生きる土地に同じような物語があることに気づくのである。作家の書いたひとつの土地の物語が、読者一人一人の土地の物語と重なり、つながる。」

この2人の言葉に共通することは、出版というマッスなコミュニュケーションではあるけれども、作家が、読者ひとりひとり心の営みに目を向け、自分自身も一人の人間としての営みの本質のような部分に立ち帰ろうとしていることだ。

私も「時を重ねる家」と称して住宅を設計させてもらっているが、「時を重ねる」ということの意味について、あらためて思いを巡らせた。住む人だけでなく、素材や部品をつくったり売ったりする人、それを現場でつくる人、そしてデザインする自分、それぞれの時間がレイヤーのように多様に重なりながら、ひとつの住環境ができているのである。だからこそ、のっぺらぼうのいうなつるっとした捉えどころのないようなものや空間をつくってはならず、そこにいる人間、一人一人のなかに生起するその場所のイメージや居心地に思いを巡らせることが大切なのだと思います。
by craftscience | 2015-01-23 10:58 | 本・映画・音楽

矢野顕子と上原ひろみのライブアルバム

アマゾンで注文していたCDが届いてハッピーな気分です。
矢野顕子と上原ひろみのライブアルバム
Get Together ~LIVE IN TOKYO~
です。
初回限定版でDVD付き!
「ラーメン食べたい」の一曲だけでしたが、この映像は圧巻。
ステージ上に向き合って置かれた2台のグランドピアノがうなるうなる。
強烈な存在感の、あの矢野さんがたじろぐ(?)ほどのパワープレイで上原ひろみは弾きまくります。
「早すぎて手が見えへん!!」
by craftscience | 2011-12-01 23:54 | 本・映画・音楽

「時を重ねる家」が掲載されました。

c0087532_11253379.jpg


埼玉桶川に昨年竣工した「時を重ねる家」が
「HOME Portrait vol.3」に掲載されました。

「住宅名人・10人」に選んでいただき光栄です。
安井正×「古材」でどんな家ができるのか?
紹介していただきました。
by craftscience | 2011-01-17 17:19 | 本・映画・音楽

生きてることが辛いなら

森山直太郎の新曲、
「生きてることが辛いなら」をたまたま聞いて妙に泣けてしまった。

最近、車で15分ほどの距離にある保育園まで、
0歳と3歳の娘を送り迎えしているのですが、
朝、園に送り届けた帰り道、
FMを聴いていたら、この曲が流れてきた。

歌詞がいいんだよね。
早速家に着いたら、ネットでシングルCDを注文。
まだ発売されてなかったので予約購入しました。
by craftscience | 2008-08-14 22:43 | 本・映画・音楽

8月17日 クリクリのいた夏

先月、いま基本設計中の建主さんからDVDをいただいた。
「クリクリのいた夏」という1999年のフランス映画。

沼地のほとりで暮らす、
戦争から帰り一人暮らしをしている男と
クリクリという娘の父であるグウタラ亭主との
二人の日常を描いた映画です。

都市で暮らす友人は、沼地のほとりの二人の生活を
「自由」な生き方として憧れる。
一方、沼地で暮らす二人は、気ままなその日暮しを楽しんでいるが
時々は、生活費を稼ぐために、町に行く。

沼地という圧倒的に自然の美しさと厳しさに包まれた場所と
都市という雑多で、様々な人々がさまざまな生き方で暮らす場所とを行き来しながら
そこで素敵な出会いがあったり、
やっかいなトラブルがあったり、
友達との交流があったりする。

物語としては何てことはないような話なんだけれども
じんわりと、気持ちがあったかくなるような映画です。

それにしても沼地の小屋の前のデッキで
ジャガイモの皮をむいたり
ワインをのんで音楽を聴いたりするシーンがあって、
ああいう場所って最高に気持ちよさそうだよなー。
その気持ちよさを、このDVDをいただいた建主さんの家でも
ぜひとも実現しなければ・・・!
by craftscience | 2006-08-17 10:44 | 本・映画・音楽

最近読んだ本

表紙はライフログにあります。

家族と住宅の関係は、私の建築家としてのテーマのひとつ。
西川祐子先生は日本の文学作品に描かれてきた家族像から
時代と共に日本の家族がどう変わってきたのかを読み解く仕事をつづけられている。
特に、この本では住居のあり方がどう変わってきたのかを
小津安二郎の「東京物語」や高畑勲の「火垂るの墓」などの映像、
公団住宅の2DK誕生の物語、山本理顕の集合住宅など
多彩な資料、実例を紐解きながら
抽象的になり過ぎずに、実感をもって描いてみせる。
また、西川先生は伝統的な日本の家を「いろり端のある家」と「茶の間のある家」の二重構造と捉え、戦後の家を「リビングのある家」と「ワンルーム」の二重構造と捉える。
サブタイトルだけ見ると、戦後日本の家の在り様は「男の家」から「女の家」へ、そして「性別のない「部屋」」へと変遷したのだ・・・と言っているようにも受け取れるが、ことの実際はもっと複雑で多様な様相を呈していることを分かった上での、シンプルで明快な語り口が、説得力を持っていた。
もともと大学の講義を本にまとめるというコンセプトがあり、講義一回分を一章として、全14章からなる章立ては、新書の一章としてはかなり短いので、テンポよく読み進めることができて、気持ちよく読み進めることができた。
論理構築、文体の平易さ、本作りのコンセプトなど、とてもバランスのとれた、レベルの高い本だと思いました。
by craftscience | 2006-08-15 11:35 | 本・映画・音楽