トータルバランスのいい家

c0087532_23164328.jpg

家づくりにおいて、心がけていることは何ですか?
とたずねられたとき、
「トータルバランスのいい家にすることです」と答えることが多い。
トータル・バランスのいい家とは、偏った価値をことさらに主張するような家ではなく、総合的、包括的な均整のとれた家だと思っています。

このイラストは北白川の京町家のリノベーションを設計したときにクライアントにプレゼンテーションしたときのものです。


そこにある四面体の頂点に置かれた四つの言葉についてもう少し説明が必要ですね。

家はまずもって「いのち、生活(life)」を支えるものでなければなりません。そのためには、家で日々行われる家事仕事(work)はもちろん、社会や他者とかかわりながらの仕事を滑らかに成し遂げられるような作業環境がもっと真摯に求められるべきだと思います。その実現のためには確かな技術(technology)や手仕事(craft)に立脚すること、重奏する歴史(history)に敬意をはらうことも不可欠で、それを表現していくことも大切なことだと考えています。
by craftscience | 2014-05-01 23:40 | プロフィール


<< 古材を使った階段 昔懐かしい小学校ストーブ、ポッ... >>