両足院で座禅

今日から連休後半。
この週末から東京で仕事なので、完全OFFとはいきませんが、
しばし、リフレッシュすべく、近くの建仁寺塔頭・両足院で座禅体験にいってきました。
http://www.ryosokuin.com/
両足院では、旅行者でも気軽に参加できる座禅体験プログラムをおこなっています。
今回私が参加したのも朝8時半からおこなわれる60分のコース。

本堂に通され、まずはご本尊にお焼香。
本堂に並べられた座布団に座り、ご住職から座り方、呼吸法、心構えなどをお話いただき
お線香が一本燃え尽きるまでの時間(約25分)座りました。

c0087532_10562444.jpg

初めて座禅を体験しましたが、
心と体が洗われるような気持ちのよい体験でした。
障子が開け放たれ、さわやかな春風が抜けていくなか、新緑をたたえた木々の枝が揺れ動きます。
座禅のイメージは、風が吹けばそれにしなやかに揺れ動く木のような姿でよい・・・とご住職は話されました。
無心になって身動きひとつしない・・・というのはある意味、座禅に対する偏見のようなイメージで、むしろ自然体であることのほうが大切で、意識せずとも自然に体が揺れるのはよいのだと。枝葉は風に揺れても幹はどっしりと、ましてや目に見えない地中にのびた根はしっかりと支えている。身体も同じで、上半身は軽くしなやかに、下半身がどっしりと根をはやしたように、そんなイメージを持ちながら座ることをアドバイスいただきました。
by craftscience | 2012-05-03 11:13 | 京都のコト


<< 祇園祭の鉾建て 泉涌寺・雲龍院の丸窓 >>