晩秋の西日で光り輝くものたち

c0087532_16202326.jpg

今日の午後4時ごろ、晩秋の西日と澄んだ空気が
家のあちこちに瞬間の美を生み出してくれました。
向かいの空き地の先にあるお寺の、
さらに向こうにあるビルの白い壁に反射した西日が
我が家の二畳の間にある唐長の襖紙を照らしていました。
正倉院文様の鳥さんが命を得たようです。
c0087532_1630238.jpg

古建具の桟とスリガラス。
c0087532_16302963.jpg

古い型板ガラス。
by craftscience | 2011-12-04 16:37 | 京都のコト


<< 八坂神社の「おけら詣り」 スノーマン家族でクリスマスのしつらえ >>