現場見学会3/26杉並区南阿佐ヶ谷で開催(延期します。3/16決定)

c0087532_737256.jpg

杉並区成田東(南阿佐ヶ谷駅より徒歩12分)で工事中の現場にて
3/26(土)に「木の家の構造を学ぶ」見学会を開催します。

私も理事の一人として活動している「NPO家づくりの会」の企画です。
建て主のNさんと施工会社の㈱滝新さんのご協力もあり、開催の運びとなりました。

木の家の構造っていうのは実際どうなっているのだろうか?
それを上棟を終えた、いまだ骨組み状態の建物の中で、学んでいただこうという主旨です。

「梁」と「桁」という用語がありますが、この二つの言葉を使い分けられる建て主さんはどれくらいいるでしょうか。「根太」と「垂木(たるき)」となるともっと難しいかもしれません。
そんなこと知らなくてもできた家に住むことはできますが、せっかく木の家に住むならば、そういうことも知っておいたほうが良いと思います。
なぜならば、設計者や現場監督や職人さんとコミュニケーションするときに役に立つからです。
正確に部材の名称を知るということは、木造建築の伝統的な技術の一端に触れることでもありますから、奥深くも楽しい建築の「文化」の世界を垣間見ることでもあります。

現代の日本の木造住宅では、建物が完成すると構造体が見えなくなってしまうケースが圧倒的に多い。それは防火、耐火の法規制や、手間ひまをかけずにコストを抑えようとする生産者サイドの都合によるものなのです。

でも私の設計する家では、仕上がってもある程度構造体を見せていくことを心がけています。それはなぜか。
1.美しいから
2.メンテナンスしやすいから
3.物事の成り立ちが目に見えたほうが気分が良いから
そんなことを考えています。
1.の美しいからというのは、単純に、上棟を終えたばかり構造体は美しいと思います。仕上げが何も施されていない純粋な構築物としての姿は、本質が直接あらわれているので美しいのかな・・・とも思います。
2.構造が仕上げによって隠れていしまうと、そこが腐ったり、シロアリにやられても見えません。見えていればそういった兆候が表れればすぐにわかり、早く対処ができます。その意味でメンテナンスがしやすい。
3.建物の構造体というのは、地球の重力に対抗しながら組み上げられます。それは自然の原理と人間の知とによって作り出されます。いかに組み上げられているか、それが目に見えるということは作り上げられる過程、プロセスが見える、できあがった後でも。そういったプロセスが隠ぺいされるよりかは、クリアーに見えているほうが気分がいいと思いませんか?

まあ、それはさておき、3/26の現場見学会、ご参加お待ちしております。
建て主さんも参加してくださるので、直接、建築家との家づくりについてお話が聞けると思います。
申し込みは、「NPO家づくりの会」のサイトからお願いします。
by craftscience | 2011-02-25 07:36 | セミナー・見学会


<< 大震災から3日目にして思うこと マイホームプラスに「時を重ねる... >>